ファーストぞうり

念願の布ぞうり、やっと作れました。
息子の足13㎝サイズです。


小さいので、布の準備さえできればすぐ編めるのですが
準備が地味に手間取るんですよね〜。



今、この布部分を、トウモロコシの皮や筍の皮などの自然素材で作って
できれば外でも履けるようにできたらいいなぁー、と考えています。

履物が自然素材だと、地面に素足で立った時と同じ、いわゆる
「アーシング」しているのと同じ作用が働くんですよ。素敵❤️
電磁波まみれの現代人には必須じゃないかしら。



初草履、息子に履かせてみたら
指で鼻緒を掴む事がわからないみたいで脱げる脱げる…
201707211329411ec.jpg
横緒にゴムを渡せて踵ストッパーを付けました。
しかも赤ちゃんの足って凄い広がってるから指出まくりだ。



童謡の『春よ来い』の歌詞に
あ〜るき始めたみいちゃんが〜赤い鼻緒のじょじょ履いて〜…
ってあるけど、
昔の子は、歩き始めでちゃんと履けたんだねー。
うちもほぼ歩き始めなんだけど、すぐ履けるようになるのかな?
スポンサーサイト

おむつなし育児1歳3ヶ月

しばらくおむつなし育児の話題から遠ざかっておりましたが
1歳3ヶ月になって、急激に変化があったので記録を兼ねて報告です。


今までをざっと振り返りますと〜…


ネンネの時期。
夜中の授乳時におまるに捧げると必ず出ていたしーしーは、真夏の熱帯夜で汗をかくようになってからあまり出なくなり、寝起きの一回だけ捧げてみるというユル〜い状態で暫く続けておりました。
それでも成功したりしなかったり。


更に寝返りできるようになると、仰向けにされるのを嫌がっておむつを替えること自体大変に。
パンツ(70サイズのパンツが売ってなかったので80サイズでしかもトレパン)の間に布おむつを挟みこんでサッと履かせる方法でなんとかしのぎました。


ハイハイからたっちができるようになると、パンツがずり落ちてくるし、抱っこすると上の服がずり上がってお腹が出てきてしまうので、股にスナップボタンのついたつなぎの下着ばっかり着させていました。
なかなか気軽におまるに捧げられず、そうこうしているうちに冬になり、暖房のない極寒の我が家では家の中でも超厚着(しかも寒いからか頻繁にしーしー出るのよね)おまけに夜はぐっすり寝ていておむつ替えで起こすのが可哀想になり、降参!
夜だけパンツ型紙おむつを履いてもらう事にしていました。

そして朝も、起きてすぐにおまるに捧げても出ず、少ししてからジョーーっと。タイミング合わないし嫌がるし。
もう面倒くさくなって、暫くおまるを封印。

生後10ヶ月くらいから1歳1ヶ月位まで昼間パンツに布おむつ(夜は紙おむつ)という状態でした。
たっちできるようになると、なぜかすんなり仰向けになってくれるようになりましたが、おむつカバー(70サイズ)はパンツの替えが無かった時くらいしか出番が無かったなぁ。

おまるは封印しても、ほとんど毎日布おむつにしていたからか、しーしーが出た時は股に手を当ててこっちを見てくれるようになっていました。まぁ、いつもという訳じゃないので適当な時間でチェックはしていましたが。


そして、1歳2ヶ月。ヨチヨチ歩けるようになりました。
だんだん暖かくなってきたので、昼も夜もパンツに布おむつ(折り畳んだもの2枚重ね)にして再び朝寝起きだけおまるを出してみる事に。
成功する事もまれになってしまっていて、やっぱり面倒だなぁ〜と思っていたのですが、最近モノマネをするコトが楽しいみたいで…
私がトイレに入るのを追いかけてきて、ジーっと私を見ながら何やら固まって…ん?
しーしーしたの!?
また、違う日も、わざわざトイレまで行って便器にタッチしながらジーっと…
えええっ、ウンチしてるの?

どれもパンツ履いたままなので当然お漏らしなのですが、私が用を足しているのをマネしたいみたいで、
おっ、これは…やるしかない!

思い切って…

私がおまるに用を足すところを見せてあげる

ことにしましたっ!(≧∀≦)

きゃぁ〜こんなん誰にも見られたくない姿よぉぉ。。。



でも、その効果はテキメンです!
ご覧のとおり〜〜


最近暑くなってきたので、家の中では裸んぼ、もしくは布おむつのふんどしです。
しーしーしたくなるとお股に手を当ててもじもじする仕草をする、といっても3、4回に一回くらいですが、すかさずおまるを(こういう時に限って遠かったりするんだけどね〜)股の下に置いてあげると、ストンと座ってしーしーっとしてくれるようになりました!!
もちろん、速攻ジャーっと出ることの方が多いのでそこらじゅうに雑巾が置いてあります。
…いいのいいの、うちは猫が吐くのに慣れてるので(o^^o)
でも、朝寝起きにおまるに捧げると成功する確率は増えました!

ウンチは出るまで余裕があるので成功しやすいです。


これぞおむつなし育児じゃぁないの〜〜!
長いスランプから突然の「おまるにストン」ポーズ…感慨無量です!!

和菓子講座再開しました

2年ぶりに和菓子講座をさせていただく事になりました。


「できるだけ身体に優しく」でも「しっかり和菓子」というのがご要望だったので、
材料は手に入る限りオーガニックや国産で製造過程もわかるようなものにしました。
私が一番気にしている砂糖についても限界まで減らし、かつ遺伝子組み換えの恐れがない国産甜菜糖や米飴等使ったレシピにしました。
こんなん、もし売ってたら相当高いよ〜〜。


6月の和菓子といえば「水無月」
外郎(ういろう)生地の上に蜜漬け小豆を乗せて蒸します。
2017060100102929a.jpg
砂糖の代わりに甘酒を使ったレシピを試作しまくって、毎日おやつが甘酒外郎でした。でも、この外郎部分なら子どもにも安心して食べさせられます!


蛍が飛び交うイメージの錦玉。
水草に見立てた羊羹も色粉は使わずオーガニックの抹茶で色付けする徹底ぶりです。
20170601000714ac8.jpg
和菓子の錦玉、これはアレンジしやすいし楽しいのですが、なんせ普通の錦玉は水100に対して砂糖100なんです。そうしないとクリアなガラスのような透明感が出ないの。
でも今の私にはクラクラするほど甘くって…綺麗さと甘さの妥協点を見つけるのが難しい。昔はアガーで作ったりもしていたけれど、やっぱり添加物に頼りたくないしなぁ〜。


でも砂糖はおそるべし!
試作後続けて蜜漬け小豆がギッシリ乗った水無月と錦玉を一気に食べたらおっぱいが詰まったよ。国産甜菜糖とかそんなの関係ない。血が汚れる(酸化する)のね。いやはや…
あったらあるだけ食べちゃうもんね〜(甘味は中毒にさせるのよ)
だからやっぱり、甘い物は用心すべし。です!


最後は、「葛切り」
201706010007131f9.jpg
これは簡単、そして、え〜!っと驚くような作り方で皆さんビックリされるので教えていて楽しいものの一つ。
でもこの透明感は儚い命。すぐに器へのせて食べなくちゃならぬのです。
どうして本物のくずきり屋さんのくずきりがあんなに高いのか、そしてお持ち帰りが出来ないのか分かっていただけましたでしょうか〜?


息子が生まれてから特に、おやつは第4の食事、見た目より栄養重視で作っているので、
久しぶりにしっかり和菓子を作ってみて、見た目に遊び心のあるお菓子の楽しさを思い出しました。
たまにはこういうのも良い。
おっぱい詰まるのには気をつけなくちゃだけどね。
ただし、普段砂糖抜きにしている息子には食べさせられないな〜。


そして、キッチン横でベビーシッターしてくれたまはっぷさんアリガトウ。
久しぶりにひろっち(息子)を気にせずお仕事させて貰いました。
そしてー…次回もあるようなので〜ヨロシクです(o^^o)

自然育児に心強い情報源

妊娠中に読んでいて良かった〜と思った本の1つ

「小児科医が教える親子にやさしい自然育児」の訳者でもあり、自然育児で3姉妹子育て中のお母さんでもある望月索さん。


私がよく利用させてもらっている自然食のお店の情報誌に
ずっと連載されていた高齢出産のお話も興味深くて、
ネットからバックナンバーを読んでいたのですが、そこから彼女のブログ、そして無料メルマガがあるのを知って読者になっています。



子育て中で、1番厄介なのが(私の場合ですけど)様々な指導?です。

医者要らずの生活を目指しているのに、子どもが生まれたとたん、いや、妊娠中からか
医者の怒涛の検診を受け続け、少しでも何か引っかかると精密検査…
体重・身長の伸び率や離乳食がどうのこうの。もぉ〜管理されまくりで、注意される(それも凄い自信満々に高圧的な指図で)度に
人を育てているっていうより、同一規格になるためのロボットを育てている気分になるのです。


歯だって4ヶ月で生えてる子もいれば1歳でやっと生え出した子だっているのに、離乳食の時期が全員同じで、進め方も同じって変だと思うし、ワクチンの事も書けばきりが無い。
国家資格を持つ人の教科書にはそう書いてあるのかもしれないけれど、教科書なんてその時代の権力者でも変わるし、国でも変わるし、正誤判定できないものだってあるはずなのに。
資格者(指導者)って習った事こそ唯一正しいと教え込まれてきたから、きっちりマニュアル通りにさせたいと思っているのだろうけど。


そんなお上の指導に違和感のある私なので、私と同じ
不規則な生活とジャンクな食事から子宮筋腫になり、ナチュラルな生活で筋腫を消滅させ高齢出産で自然育児をしている望月さんのお話は共感できるものばかり。
メルマガでは、ブログでも書けないお上への大人の対処の仕方などもあって、ほっほぉ〜と唸る事多し、なのです。
翻訳など文章を整理して書くお仕事をされているだけあって、自然療法や食養の事も常に情報を仕入れていらっしゃるようですが、膨大な知識を自分の中に一旦落とし込んでからカスタマイズして生活に生かされておられるのがとても参考になります。
もし高齢出産や自然育児に興味がおありなら、是非読んでみてください♡



畑はじめます

あわわ。。。3月も終わりに近づいてきました。

さて、今月の話題は
手作り市…ではなく、畑、でした〜〜。
(ドングリ舎の活動もしたいんだけどーー(^^;;))



今年からオルターのクラインガルテンの畑を3区画借りる事になりました。
農家さんのお手伝いは数年前からチョビッとやってましたが、
やっとマイ畑で作業する時が来ました〜〜ウレシイ!

20170325221231b22.jpg

もちろん、普通の貸し農園みたいに、農薬や化学肥料使い放題の畑じゃないので
土の微生物の力を最大限に活かした自然農法を目指しています。

そして種も、現在主流の、いかに効率よく沢山売るために作れるか重視したような、一代限りの不自然なF1のような種じゃなくて、できた実からまた種を蒔いて育てていきたい。
その土地で何代も種取りして育てると、その土地に最適の強い野菜になるから。
そんな生命力の強い作物を食べるって事は、そのエネルギーを身体に取り込むって事。何を口にするかで、身体の奥深く見えない部分も変わるはず。

今は、目に見えないものは無いも同じで、見た目ばっかり重視されがちだけど、
これからは、微生物とか波動とか氣とか、そんな目に見えないもの達の力は強大で無視できないようになるんじゃない?



ちょうど、和歌山の「山の上の古民家カフェkusati」さんで
自分達で種取りした種などの交換会があったので、参加してきました。

20170325221233655.jpg


このkusatiさんのブログ素敵なんです。自然な暮らしや種への熱意が伝わってきます。優しく落ち着いて凛とした雰囲気。憧れます。
やっぱり文章読むとお人柄がわかりますね。
ルネの根っこ、種まき日記


ちびっこも入れると30人くらい集まって、お昼御飯は皆の一品持ち寄りパーティーでした。
初参加なのに、何だかずっと昔から知ってるみたいに心が和んで、たわいも無いお喋りでもウキウキ、ニコニコしっぱなし。本当に楽しかった!

20170325221228c14.jpg



あぁー、古民家に住みたいなぁ〜〜。
この冬はとうとうコタツすら殆ど付けずに過ごしちゃったくらい、身体はしっかり鍛えられているので、隙間風なんぞ全く平気です。
(だってうちの猫達、真冬でも雪でもベランダに出たがって「窓開けろ〜!」って催促するんだもの。二階の窓は常に10㎝開いてる状態なのですよ)

畑付き古民家、どなたかお試しに貸していただけませんか〜〜?


はや1か月。

新年始まったと思いきやもう2月になってますね(・Д・)
今年はたかさんの挨拶から始まり、何だか動きがありそうな予感(期待!)です。

今の24時間“母”から、少し解放させてもらえそうだ〜♡

まはっぷさん(夫)ありがとう。
たかさんも宜しくお願いします。
また3人で出展できたらいいね( ^ω^ )


パソコンの調子が悪いのと開く時間も無いので(育児ってやってみないとこの大変さわからなかったわぁ〜…)
夜中の布団の中でiPadから投稿しています。
味気なくってスミマセンm(_ _)m

新年

あけましておめでとうございます(^-^)/

新たな年を迎え、去年出来なかった事
チャレンジしていきたいと思っております。

今年もよろしくお願いします。(*^_^*)

良いお年を

あっと言う間に今年も終わり。
ブログに書きたい事はしょっちゅう出てきてウズウズするんだけど
なかなかまとめられないでいるうちに過ぎてしまいます。

来年は、ドングリ舎の活動含めてもう少し更新できればいいなぁと思ってます。

皆様も良いお年をお迎えください。