スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩は悪くない

今年は赤子のお世話もあるし・・・、と
毎年作っている梅干しも5㎏程にしていたのですが、
知り合いから「この梅で梅干し作ってくれや」と頼まれ、
無農薬梅16㎏(と、赤紫蘇まで)貰ってしまいました。。。計21㎏の梅仕事。

いくらずっと家に居てるったってー・・・


私も赤ちゃんを迎えるまでは、こんなに大変って思って無かったもんなぁ。
今までだったら超嬉しかったんだけど。
こういうの、やってる当事者にしかわからないんだよなぁ~。。。
お母さんはエライ!(自分で自分を褒めよう♪(笑)




梅干しも「減塩」「減塩」ってうるさく言われたりするけど、私の梅干しは塩きつめです(キッパリ)!

減塩している人に限って、砂糖は摂り放題だったりするんだよなぁ。
ちなみに、一日の砂糖摂取限界は25g。パン&ジュースの食事で即アウトだよ!

本物の梅干しや味噌の塩分を気にして食べないなんてナンセンスです。
疲れた時に塩分を控えると、甘みに走りやすいけど、それが甘党になる引き金ですぞ。
甘党になるとロクなことが無いのは、私が証明済みです(^_^;)




どうして塩が悪くさせられたのか、わかりやすく書かれた本があります。
ちょっと長いけど、引用させてもらいます。



『現代版 食物養生法』鶴見隆史
・・・p.184~・・・

塩=高血圧の原因=悪い物質といわれるようになりました。それが、もしかして偏見に満ちたものであるかもしれないとか、間違ったものであるかもしれないとかは少しも思わず、人類はそれをきわめて単純に信じ、簡単に評価を下したのでした。「塩こそ高血圧のもとであり悪いやつだ」と。
 しかし、戦後のそのおかしな実験、統計、調査が発表されるまで、人類は何の疑いもなく、塩を摂り続けてきたのです。むしろ塩がどれほど大事で必要かということを人類は自然に感じ生きてきたという気すらします。戦後まで人類は長いこと塩を大切に思い、塩のありがたさ、塩の恩恵を至るところで歴史の中に記し、残してきました。そのいくつかを報告します。

 ○大昔の古代の人々は、塩のある所に群れをなして村をつくった。

 ○海から遠い地域に住む人は塩を貴重品として扱った。

 ○ローマ時代の兵士の給料は塩であった。そのことから、Salt(塩)がSalaryとなり、給料のことをサラリーというようになった。

 ○六世紀頃の砂漠の商人にとっては、塩は金と同じほどの価値があった。

 ○ルイ十六世の頃、塩の税が高くなりそれが不満となって、フランス革命の引き金となった。

 ○一九三〇年頃のインドでは、英国が塩にあまりの税をかけたので、マハトマ・ガンジーは自分達の手で塩をつくろうといって遠い海岸まで塩の行進をした。

 ○中国・前漢書「食貨志」には、「夫レ塩ハ食肴之将ニ酒ハ百薬之長ナリ」と記されている。
   この意味は山海の珍味がいくら沢山並んでいても一番最高の食べ物は数々のご馳走ではなく、塩こそ最高のまさに大将と呼ばれるものである。酒も同様、百薬の長であるという意味(もちろん現実的には、酒は毎日大量に飲んでいいわけはありませんが・・・・・・)。

 ○「敵に塩を送る」」という言葉は塩の大切さを表す。
   この言葉は、武士道精神の美談として語り継がれている。戦国時代、武田信玄は今川氏真と北条氏政の連合軍により「塩止め」にあい、大変困ったが、そのとき長年の仇敵上杉謙信は信玄に同情し、このときばかりは、塩を送って救った。当時、塩ほど大事な生活必需品はなく、この話は美談として語り継がれている。

 ○忠臣蔵のおおもとの原因は塩だった。
   赤穂の浅野家も、三河の吉良家も「塩田」を産業の目玉として栄えていた藩であった。吉良家の塩田のほうが、浅野家より一〇〇年も早く塩田をつくって栄えていたが、後に塩田を導入した浅野家のほうに新しい技術が生まれ、より優れた塩が製造できるようになった。そこで吉良家はその技術を教わろうと浅野家に製塩技術の援助を申し入れたという。
   ところが、ドル箱の製塩技術はいってみれば企業秘密であったため、吉良家の申し入れを断った。そこで吉良家はスパイを何人も送り込んだが、そのつど捕えられ殺された。そういったことから、吉良上野介は、浅野内匠頭を恨み、その結果、松の廊下の刃傷となった。これがいわゆる忠臣蔵に至る引き金だったわけである。つまり、塩が原因であったということ。

―(中略)―

 結局、戦後この大切な物質は、とんでもない統計と実験で高血圧の犯人とされ、大変な誤解を生み突然悪者にされ、忌み嫌われるほどになってしまいました。

続きを読む »

スポンサーサイト

良き年をお迎えください

早いもので、後1週間あまりで今年も終わりですね。
今年は、個人的に予想外な展開(妊婦)になって、後半殆ど制作活動せず
ブログの更新も少なくなってしまいました。


でも食養や自然療法等に関しては変わらず、ほぼ毎日
情報収集&実践していました。3年目で更に身体が強くなった気がします。

昨年振り返ってまとめ記事↓にもしっかり書いていますが
去年の最後のご挨拶

良いものを食べる効果は3割、食べない効果は7割

これは食事療法にも色々な食べ方があるけれど、基本中の基本なんだなぁ~
と、やっぱり思います。
○○を食べろとか、どうやって食べろとか色々意見はあるかもしれないけど
それ以前に、みんな食べているものがどれだけ毒されているのか知っていたら、むやみに安い簡単な食事はできないはず。

食事で身体に毒を入れてから、そらダイエットしたいとか疲れをとりたいだとか
そのために運動したりサプリや薬を飲んだり(何かを追加する事で解決しようと)しても・・・効果薄いに決まってるやん!
何でモト(身体を作る食べ物、身体に摂り込む物)を正さないのかなぁ~?
日々積み重ねた毒食事の代償に、その倍以上もお金や時間を犠牲にし、且つ完全に治らずダラダラお医者さんを儲けさせるだけなのに。。。


乳がん検診だって、いま早期発見って言ってすごく流行ってるけど、
あのマンモグラフィー(左右の乳房にX線を計4回当てる)って、健康診断で行う
胸部レントゲンの1000倍の放射線を当てるんだよ。
一回やったら、発がん率が1%もあがるんだよ。
それを毎年律儀にやってたら、早期発見というより発がん促進してるだけやん!


今の母子手帳には、乳業メーカーの宣伝とミルク推進の代わりに
歯医者の宣伝とフッ素推進とすさまじい数のワクチン接種カレンダーが付いている。

フッ素って、もともと家畜をおとなしくさせる為に飲ませたもので
それをナチス収容所で囚人に使っていたんだよ。
それにフッ素は猛毒で産業廃棄物で捨てるのに困るようなシロモノなのに
アメリカでは(政府と企業の癒着で)歯に良いとうそぶいて水道水に入れたりして・・・
(今では効果が無い事が徐々にわかってきてるのに、日本では推進してる。
最近虫歯が減ってきている統計もあるが長期に渡って調べるとフッ素のおかげではない。)

・・・どれだけ被害があったと思ってるん!?

ワクチンだって、水銀とか要らない毒がてんこ盛りに入ってるのに・・・


今年は身近な人が、癌の施術の後、お医者さんに勧められるがままに
「転移しないように念のため抗がん剤治療するの」
と言って、抗がん剤をうちはじめてから数か月で亡くなった。

抗がん剤は効かないのがもはや常識なのに!
今でも日本では三大治療(手術で切り取る、放射線を当てる、抗がん剤)ばかり。
本当に身体を治すのは自分の治癒力だけなんだよ。それなのに
手術して免疫力が下がってるような時に、全細胞を破壊させるような毒を摂ったら
良い細胞も死んでダメージが深くなってさらに免疫力を下げる、病気を引き起こすことくらい、考えたらわかるやん!


だいたい、お医者さんの教科書を作ってるのが製薬会社だったりするし、
お金を出させるような治療をしないと医者は儲からないし。

お金大好き経済優先のメディアや企業やお医者さんの言う通りに
ポーッと流されてたら、命がいくつあっても足りないわ。
自分でしっかり調べなきゃ!



・・・と、ちょっと怒り気味になってしまいましたが。

人間も自然の一部だから、不自然な(化学的な)ものは分解しづらいし
身体に摂り込むと毒になる事が多いんだよー。
だから、できるだけ自然にあるものを食べたり自然のもので手当てして
自分を強くする(免疫力を高める)事が大事なんだよー!

と、言いたかったのでした。


最後に、
最古の医者であり「西洋医学の父」と呼ばれるヒポクラテスの格言をひとつ。

汝の食事を薬とし、汝の薬を食事とせよ


今年もありがとうございました。



踊らされたくないなぁ・・・

今日はハロウィンですね。

ここ数年すごい勢いで宣伝されてすっかり定着してきてますねー・・・。

きっと昔の私だったら、お菓子を作る口実ができて
材料買ったりウキウキしていたかも。
うちはあえてマスコミで大宣伝している消費しろ作戦にはひっかからないぞぉ
と、ごく普段通りにしています。
(っていうか、皆、ハロウィンの本当の起源を知ったらゲッとなると思うけど)


あー。。。でも、子どもに催促されたらパーティーとかしちゃうんだろうなぁ~・・・
来年以降はどうなりますか・・・



私が今一番伝えたい事が凝縮された、ぜひぜひ見て欲しい動画があります!!




石油を牛耳っているロックフェラーだって、
一般庶民にはガンガンに石油でできた化学薬品を勧めているのに
自分は一切使わずホメオパシーを使っていたり。。。
添加物を使わないとパンではないと言っているようなヤマザキパンの社長
自身は自社商品を食べないという噂があったり。。。

毒って知っている上部の人だけが、こっそり自分だけ助かろうとしているような、
下々の者は消費してくれればいいと思ってるような、そんな人達と
お金だけで動くマスコミみたいなのに踊らされたくない!

絶対この世を変えていくぞーーー!!!
と、フツフツと熱くなってしまうのでした。。。


これも合わせて読んで欲しいです
→国産野菜の安全神話で農薬大量摂取~この真実を知らない恐ろしさ・・

湯シャンが楽ちん♪

ここ数か月、髪を洗う頻度が少なくなっています。

きっと、こんな事言ったら、皆さんドン引き?
「暑くなってきてるのに、ええっ!?」って感じでしょうか。

いやー、なんかね~・・・でもね
全然痒くないしフケも出てないし適度に潤ってるし。。。
特に臭くも無いし、いいかなと(笑)

きっと、「毎日シャンプーしないと不潔!」なんていうのは
洗剤業界のCMで刷り込まれた世間の偏った意識なんだと思う。
(そういう常識って多いよねー)



私はもともと、数年前から石鹸シャンプーを使っていまして、
石鹸シャンプーを使い続けている人はわかると思いますが、
結構洗浄力があるので、クエン酸などでリンスしても乾かすと
パサパサになったりする事が多いので、つばき油を少々付けてみたり
冬場なんかは2~3日おきに洗ったりしていたのですが、

石鹸シャンプー自体をやめて、シャワーだけで洗ってみたのです。
これを湯シャンもしくはno poo(ノー・プー)と呼ぶそうです。
検索すると色々情報が出てきます。

それによると、
タモリさんや福山雅治さん(合成シャンプーのCM出てるらしいけど(笑))や
海外セレブなんかでもやっている人が沢山いて、ビックリ!



やり方を調べると、細かく書いているサイトが多くて
意外と注目されているんですね。

私の場合、毎日しっかり汗かいてお風呂に入るなら湯シャン率が高くなります。
髪の毛をよく梳かしてから、お湯でしっかりすすぐだけ。そして、
週に1回~2回今までのような石鹸シャンプー&クエン酸リンスをします。

どこにも行かない日なんかは、湯シャン自体もしなかったり(笑)
しかもそれが2日でも3日でも、不思議と全然痒くならないし、フケも出ないんですよねー・・・。


ここまで至るのには段階があって、たぶん今までバリバリ合成シャンプー
使ってる人がいきなりやってもそうはいかないと思います。

合成シャンプーから石鹸シャンプーに移行する時もコツが要るので
ある程度慣れるまで、がんばって耐える感じで乗り越えると、この天国みたいに
楽ちんなヘアケアでフサフサの健康髪を保つ事ができるようになりますよー。

頭髪気になる方、ぜひとも湯シャンにチャレンジしてみては?


丸ごと食はベジブロスで

食養の勉強をして良かったことの一つに「一物全体食」の考え
食材の命を丁寧に全て食べきること(丸ごと食=ホールフード)があります。
・・・きっと昔の人達は、命に感謝して余す所なく頂くなんて普通だったのだろうけど。

栄養的にも、皮やヘタの部分には抗酸化力の高いフィトケミカル等の栄養素や旨味が多いので、捨てるなんてもったいない!
できるだけ自然界に存在する自然なバランスで栄養をとりいれられるし、その食材を消化する酵素もうまく働いたりするそうです。

・・・それに皮を剥かないと調理が断然楽ちん。


こんな玉ねぎの場合は、茶色の部分だけ丁寧に剥いでおいて
CIMG6490.jpg CIMG6491.jpg CIMG6493.jpg
汚れていたら洗って、干してお茶にしています。
CIMG5798.jpg
色々合わせてブレンド茶に。毎日違うお茶が味わえて飽きません。


ヘタや根っこ、黄色くしなびた葉っぱ部分ももちろん捨てませんよー!
玉ねぎのヘタ
ある程度溜まるまでタッパーに入れてストック。なかなか溜まらないなら冷凍庫へ。解凍する時細胞壁が壊れて旨味が出やすくなって一石二鳥です。
CIMG6388.jpg
きのこの根っこ部分もストックです。
普通は培地部分に防腐剤や防虫剤がいっぱいかかった安い材木カスを使っているので危険なんだけれど、培地から安心なものを使っているところのキノコだったら大丈夫!

そしてそして、ベジブロス(野菜出汁)になりまーす!!
CIMG7237.jpg

今では台所の三つ口コンロの一つに、この鍋が常時置いてあって
料理の時は必ず火にかけて沸いた状態になっています。

汁だけ小鍋に取り分けて、塩をパラッと振っただけで野菜ス―プが完成!
お味噌汁の出汁として使ったっていいし、溶き水の代わりにもなるし、
切った野菜をザルに入れてちょっと茹でたりもできて、これさえあれば
一汁一菜は苦も無くパパッと作れてしまうのです!

汁が少なくなったら水を足して、何度か使うことができます。


 
ベジブロスについて、この本にもありますが、やっぱり野菜は無農薬で土が良く丁寧に作られたものじゃないと、味がぜ~んぜん違うみたい。栄養分も違うだろうと思うけど。
質の良い食材は、良質の塩や醤油だけですーごく美味しい!本当に毎日食べても飽きないんです!


総仕上げに濾した後のクズをミキサーでペースト状にしカレーにするのを
オルターの山本朝子先生に教えていただきました。これって本当に究極のまるごと食ですね。


安心安全な野菜は高いかもしれないけれど、こうやって全て完食できるし意外と経済的なのです。


ちなみに、塩蔵わかめの戻し汁は3段階で使っています。

一段階目→塩気をしっかり洗った後浸けておいた塩辛い汁
ほうれん草などシュウ酸が多くベジブロスで茹でると苦みが出てしまうようなものや、塩茹でするものの茹で汁として使用。

二段階目→水を入れ替えて浸けておいたやや塩気のある汁
塩を入れる味付けの出汁代わり。和え物の「醤油洗い」の醤油代わり。

三段階目→更に水を入れ替えて浸けたほとんど塩気の無い汁
普通の出汁のかわり。ベジブロスと一緒にお味噌汁の出汁にしたりする。

塩蔵わかめも良質なものを使うと余すところなく全部使えちゃうのです♪



食材にお金かかってそうですが、どっちつかずの移行期間が一番お金かかっていたかも。

本当に良いものを食べ始めるとお腹も満足するのか、そんなに暴食しなくなって自然と量が減りました。
玄米をよく噛んで食べていることもあると思うけれど、
たまにパンや白米にすると止まらなくなるのは栄養分が少ないからかも。
食事は天然物で質を濃く量は少なく!が一番身体に優しいと思う。

良い野菜が手に入ったら、ぜひベジブロスを作ってみてくださいね!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。