砂浴行ってきました!3回目

願えば叶う、もんですねー・・・

まさかまさかの、砂浴3回目。


しかも!
なんと、今回は一緒にやってくださる方達が現れましたよ~

女子3人&お世話係まはっぷの4人で、秋晴れさわやかな
9月末の日曜日。11時前から3時くらいまで約4時間。
しっかり埋まってきました!



いつものサザンビーチにて。
砂浴3-1
             りっちー撮影

「砂浴?面白そう!」と、ご参加くださった、Oさん、Sさん!
まさか一緒にやってくれると思わなかったので、こっちが驚きました。

色々な人に言いまくっていたんだけど、
中には重篤な状態(ガンでアトピー)の人もいて
そんな、絶対やって欲しいと思っているような人に限って、
なんやかんや言ってなにもやらないんだよなぁ・・・(悲)




今週は昼間30度くらいで、結構暑かったんですが、
やっぱり秋ですね。
日陰は涼しくて、砂も湿ったところは冷たくて
最初に入った時はリラックスできなかったです。

途中で出て、もう一度入った時に、まはっぷさんに表面の
乾いた温かい砂で埋めてもらって、ホッとして寝てしまいました。

やっぱり砂浴は、温かくてホッとしていないと
毛穴も開かなくて毒排出もスムーズにいかないような気がするなー。。。

お世話係まはっぷさんだけ(お世話で汗かいたからか)
砂に入って膝裏や腕に痒みとプツプツが出てきたみたい。




3時になって片づけ始めた頃、
まはっぷさんが「ヤバイ」と言い出して・・・

砂を払った左手の指にはめていた結婚指輪が飛んでったって!
(まはっぷさん、痩せて指輪がブカブカになってたのよ)


えええーーーー!

みんなで探しまわるはめに。
1時間程、皆で砂を撫でながら探したけれど見つからず。。。
不思議~~~。

きっと何かの身代わりになってくれたんだよ。


実は、私もずっと昔に結婚指輪なくしてたんで
アハハ・・・
またいつか買いに行こうか~♪



本当に色々お付き合いいただきましたOさん、Sさん
ありがとうございました。
「優しい旦那さんやねぇーー」というお褒めの言葉もいただきまして
まはっぷさんも、運転&お世話係任務遂行!
いつもありがとうね!
スポンサーサイト

久しぶりに出展します!

長い夏休みをいただいておりましたドングリ舎ですが、
やっと活動再開です!

10月5日(日)
河内長野市の大阪府立花の文化園で開催される
「くらふとフェア」に出展させていただきます。

くらふとフェア、一年ぶりです!
昨年10月のくらふとフェア→「くらふとフェア河内長野10/6出展しました」
コスモスガーデン、今年もやってるかなぁ?

過ごしやすい良い季節ですので、ぜひ遊びにきてくださいね!

大阪府立花の文化園



まはっぷさんのアイアン作品が超充実しています!
これは、テーブル用の鉄脚です。斜めじゃなくて垂直になっています。
普通売っているのは斜め(八の字)が多いのでちょっと珍しいかも。
高さ45センチ。


定番の缶バック&ポットもありま~す!

よろしくお願い致します。

オジャマしまース

最近の我が家の定番。

食後の読書タイム。。。


そそくさと、しまたろうがやってきます。



ここ読んでんねんやろ? (以下、しまたろうの心の声)
お邪魔しーたん(ま)



おっ、今度はこっちか・・・


ここ読んでるねんなー? よっこらしょっと
お邪魔しーたん(り)1

読んでるねん、なぁーー??
お邪魔しーたん(り)2



「んもーー!!見えないやん!!」(りっちー)
「こっちおいでっ!」


抱っこされちゃった
お邪魔しーたん(り)3

てへぺろ
お邪魔しーたん(り)4


砂浴行ってきました!2回目

人生初の砂浴から2か月半。
2度目の砂浴を体験してきました!

キャーッ
半分顔出しで失礼します。りっちーです。
砂浴2-1


前回お世話係まはっぷさんの日焼けがハンパなかったので
今回は出展用のタープ(1.8×1.8m)を持ってきたんですが、
私の方が前回作った完全防備の段ボールの日除けを忘れてしまって
こんな恰好になっております・・・。

砂浴2-2
前回と同じく大阪は樽井のサザンビーチにて。

朝10時ごろから、夕方4時まで計6時間、みっちり埋まってきましたよ~。


今年は夏があれっ?という間に終わった感じで、すっかり秋ですね。
日なたがちょうど良く暖かく感じます。
上の写真は体が日陰に入っていてひんやり寒かったので
すぐにタープをずらせて、頭だけ日陰に入るようにしました。
まはっぷさん、今回もありがとう。



実は、前回の砂浴後、砂浴その後という記事を書きましたが、
記事を書いた後に、左半身
肩と、おしりから太ももの外側にかけて、グワァァーー!
っとすさまじい湿疹(蕁麻疹?)が出てきたんです。2~3週間も。

やっぱり左だった(陰性だ・・・笑)
痒くて痒くて、掻いちゃった
とてもビキニになれない体で、まだ少し痕が残った状態ですが
出し切るつもりで砂さんに吸い取ってもらいます!



しっかし、
毒出し生活で7㎏も痩せて(毒が出て)すっかり元気なのに
陰性の毒(主に白砂糖や添加物や抗生物質などの薬の毒)は
まだまだ残ってたんだなぁーー。。。

気を付けていても、微量に摂ってしまったりしているもんね。



数年前読んだ安部司さん(「食品の裏側」等が有名な食品添加物のプロです)
の本には、普通の人で一人当たり年間4㎏くらい摂っていると
言われていた食品添加物だけれど、
この前読んだ本には6㎏って書いてありましたよ。。。

一旦体に入ると、なかなか出ていかないこれらの毒。

普通に生活していると、添加物だけでも6㎏も摂ってるってことは
精製糖や精製塩や薬やら、はたまた空中の汚染物質等
を入れたら、体重の何パーセントになる?
・・・これじゃ絶対病気になるよね。気をつけなくちゃ。


  


今回は、ビーチの真ん中にこんなものが作られていました。
砂浴2-3

・・・何だろ~?


へっ!?
砂浴2-4

ウミガメが産卵しに来たんだって!
しかも数日前に孵化したそうな。すごいーー!
人間だけのビーチじゃない。なんだか嬉しいです。

海、砂、そしてみんなーーありがとう!


なんとまぁ・・・→ 更に更に砂浴行ってきました


年中甘酒!

私の食養で大事なパートナーの一つ。
梅干しと味噌に次いで、くらいかな。
梅干しや味噌みたいに毎日欠かせない訳ではないけど
冷蔵庫に常備しておきたいアイテムです。


今では冬に飲まれるイメージの甘酒。
でも、俳句では夏の季語。
江戸時代には夏バテ防止で売られていたんだって。


精製糖のガツーンとした甘みに慣れてしまった体から
自然の甘さを感じられる味覚を取り戻すのに
いきなり砂糖断ちすると苦しいけれど
「あぁー、ちょっと甘いの欲しい~」って時にてっとり早く
そのまま食べたり、薄めて飲んだりできます。
しかも発酵食品だから腸内環境を整えてくれて一石二鳥!


今は酒粕と砂糖で作る簡単甘酒なんかあるけど
(市販品は何でも裏面をよく見て買おう!)
砂糖たっぷり入ってたら意味ない。
それより自家製!麹菌も元気なままいただけます!

炊飯器か保温できる水筒、ジャーみたいなのがあれば簡単に作れます。



炊き立てご飯(写真は玄米です)に、ひたひたのお水を注いで
甘酒1
温度が63℃以下くらいになったら(手で触ってちょっと熱いくらい)
甘酒2
ほぐした麹をパラパラ入れます。
ご飯1合に対して麹100g位(生麹でも乾燥麹でもよい)。

今回はコープ自然派で白米の生麹が売っていたのでこれを使いました。
甘酒5
玄米で作った麹も探せば売っています。
発酵時間が長くなるし白米麹に比べると甘くならないけど
ビタミン、アミノ酸、食物繊維などの栄養素がぐーんと増えます。
→玄米ご飯&玄米麹で作る際は玄米ご飯をクタクタのおかゆに
しておくか細かく潰してから作ると比較的甘くなります。


よく混ぜたら、またお水を足して・・・
甘酒3
じっとり表面に水分が出てくるくらい。目分量で大丈夫!!


炊飯器は蓋をすると熱くなりすぎて麹菌が死んじゃうから蓋をあけて、
水分が逃げすぎないように、ざるを置いた上に塗れ布巾をかぶせて・・・
大体10~15時間くらい保温。
(魔法瓶等で作る時は温かいうちに蓋を閉めて置いておく。もし冷めていたら
鍋に移して少しだけ温めてから再び魔法瓶に入れて蓋をする。)
甘酒4
食べてみて甘くなっていたらできあがり!
ツブツブ感が嫌なら好みでブレンダーにかけてどろりとさせると使いやすい。

長時間保温しすぎると発酵しすぎて酸っぱくなることもあるので注意。
玄米ご飯や玄米麹で作る時は15時間以上かかったりする場合もあります。



よもぎ入り白玉と、金時豆&麦を黒糖で薄く味付けしたもの(あまがし)
を添えてみました。沖縄風デザート。
ビタミン、ミネラル、酵素に食物繊維た~っぷり!最強スイーツじゃない?
沖縄風デザート