こんにゃく作り体験してきました

大阪南部。のどかな田園風景。

あこがれの里山生活。
今年は少しずつ行動していきます!


今年初は、生芋こんにゃく作り体験に行ってきました~。



まず、こんにゃくの説明から~・・・
こんにゃくいも3年物
こんにゃく芋は3年くらいして大きくなったものを使います。右は1年目。


CIMG6260.jpg
洗って皮を剥いて、ゆがきます。
CIMG6279.jpg
ゆがいた芋は、ほんのり芋の美味しそうな匂いがするんだけれど
苦くて食べられないみたい。


潰した芋に凝固剤を入れてよ~くかき混ぜると、あの独特な
こんにゃく臭がしてきます。
CIMG6284-crop.jpg
だんだん固まってくるので、バットに入れて寝かせている間に
お昼ごはん作り。
CIMG6266.jpg
お味噌汁と、窯で炊いたご飯。炭火で作ると美味しくて贅沢~・・・!

しばらく寝かせたこんにゃくは
たっぷりのお湯でグツグツ煮込んで灰汁をとったらできあがり。
CIMG6304.jpg

そのままスライスしてお刺身や、田楽味噌で食べたり・・・
混ぜ方等で硬さも違って、全員分のこんにゃくを試食。お腹いっぱい。
CIMG6310.jpg
お土産にも両手に抱える程のこんにゃく!これから毎日こんにゃく料理だね~。



アウトドアでの料理、楽しかった。

山の水は貴重なので、タンクのお水をちょっとずつ使って拭くように洗ったり、
もちろん洗剤なんて使わないし、計量も温度もアバウト。
道具は全てピカピカでアルコール殺菌して何でもキッチリキッカリ計る製菓
(特に洋生菓子)とはまるきり反対なんだけれど、
まだ和菓子は自分の「勘」で水分量を変えたり捏ねたり時間をおいたりするので少し通じる部分もあって、
最近はこのアバウトさや自分の感覚で料理するのが本当に心地良く思う。
(だから、パンも天然酵母の方が好きなのかも・・・)


「絶対こうしてやる」って感じで堅物に機械みたいに作るんじゃなくて、
素材と自分とその時生まれる偶然の産物みたいな自然にできた一品って
無理がかかってなくて、食べてもすぅ~っと入ってほっこり落ち着く感じがする。


・・・あぁー!
将来は野良仕事して、自分で作った野菜とお米で
のんびり料理をしてできた、ほっこり美味しいご飯を食べて
毎日自然の恵みを感じてつつましく生活して
自分の死期がわかるくらい野生の感覚が研ぎ澄まされた人になって
ちゃんと身辺整理して、畳の上で看取られながら
「あー楽しかった!ありがとう」って言って眠るように老衰で死にたい。




スポンサーサイト

もしかしてインフル!?

この三連休、いかがお過ごしでしたでしょうか。

うちは、まさかのお手当三昧。
私の風邪症状から遅れること5日、今度は
まはっぷさんが体調を崩しちゃいました。

結婚して9年、風邪らしい風邪もひいた事のないまはっぷさん。
今思えば、3日も寝込むなんて、
・・・これはインフルエンザだったのか!?



会社から、だるい~と帰ってきて、測ったらいきなり
39℃台の高熱(私の時は最高で38.2℃でした)が出ていて、すぐさま
第一大根湯を飲ませて、厚着&布団をいっぱいかぶせて寝てもらい
頭がすごく熱くなっていたので、豆腐パスターをおでこに貼り
何度か取り換えながら一晩すごしました。

この豆腐パスター(豆腐を水切りして一割分の生姜おろしと混ぜて
小麦粉でつないだ生地を、さらしに薄く広げて包んだもの)
めちゃめちゃ効きます!
まはっぷさん曰く「置いた瞬間からジーンとしびれるように冷たい」そうで、
もっとさらしを巻いてもいいくらいだそう。冷たさも結構長持ちします。

次の日の朝からは、だいぶ熱が引いてきたので
キャベツの外葉を枕に敷いてあげて、優しく熱を下げるお手当に。
これは豆腐パスターより癒される冷たさで気持ち良いそう。

りんごのすりおろしは、熱のある時に美味しく感じるみたいです。
他にも、りんごジュースの葛練りや寒天ゼリーを食べてもらいました。



昼になると熱が下がって夜になるとまた熱が上がる。
これってインフルエンザの症状みたいですね。。。

私(りっちー)は、昔、一人暮らししていた時
インフルエンザであろう症状になった事があって、でも時既に遅し
お医者さんに行く事すらできないくらいしんどくて、数日間
ただただ寝て自力で治した事があるんです。



今回、私が熱が出て一日で治ったので同じ風邪かと思っていたけど。

まはっぷさんは、過去にインフルエンザはおろか風邪すらも、そんなに
なったことが無いので何日もかかっているのかも。

・・・というか、実は私も今回インフルエンザだったけど、過去になった
同じ型のインフルで耐性ができていたので治りが早かった?
いろいろ調べていたら、実際にあるらしいです。

インフルエンザ、自力で治すと二回目からは軽~いよ♪(笑)


でも、まはっぷさんも3日でケロッと治るってのは、やっぱり
自然治癒力がよく働いているって事でしょうね~。。。
普通一週間くらいかかるらしいので。


という訳で、
食欲が無いうちは無駄に食べないこと。水分は摂る。
身体は温めて頭は冷やす。が、身体が楽になるように整えるのが基本。
症状を抑え込まない、自然治癒力を高めるためのお手当て。


これが、インフルエンザもこわくない!我が家流の治し方です。


それにしても、
39℃超(身体の中心は+1℃あるらしい)で3日も熱が出たなんて羨ましい~
きっと癌細胞できていてもこれで全滅だわ(笑)

やっぱり断食!

いやぁ~、実は年末年始
三食きっちり食べ、間食もし、いつも食べないようなものまで食べたりしていて、
そんな時はすぐ体の大のお便り(食事中の方すみません)が
カチカチになったり出なくなったりするので、胃腸に負担かかって
体調悪くなったのがわかるのですが、なんら手を打たず
この間の手作り市で一日外にいて全身冷えて、さらに帰りにいつもは食べない
カレーうどん(肉も入ってたし、しかも油ギトギトのコロッケまでついて!)
食べたのを引き金に、完全に体がブチぎれちゃったようで・・・

その晩から、風邪っぽくなり寝込んでいました。

「自然療法」の本にも
大食、過食、連食をして胃腸がくたびれるとかぜに負けやすくなります。
断食中はどんなに寒くてもかぜをひかないものです。


とあります。はい、まさにおっしゃる通りでございます。



普通の人だったら、
ここで風邪薬飲んだりお医者さんに行ったりするでしょうか。

・・・ノンノンノン!
薬は表面の症状を一時的に抑えるだけなんです。それに今回
久しぶりに熱が出て、すっごい嬉しかったの!
だって、昔は風邪をひいても熱さえ出せない程身体が冷えてたからね。。。

身体が熱を出すのはちゃんと意味があって、
この熱でウイルスをやっつけてくれてるんですよー!だからわざわざ
解熱剤なんて飲んじゃったら、ウイルスが身体に潜伏したまま
治りが遅くなって、だらだら薬を飲み続けないといけなくなったりするんです。

インフルエンザみたいに高熱が出るのは更に良い(笑)

癌細胞は35℃台で増殖し、39℃で死滅しはじめるそうです。
現代人は癌が多いのも体温低い人が多いからってのもあるんですよ。
あ、ちなみに
癌という字はやまいだれに口が三つ山のように食べることからなる漢字です。
食べ過ぎが癌のもと!この漢字考えた人ってスゴイ!

インフルエンザはワクチンまで打って避けようとする人が多いけど
ワクチンも本当は効かないってのは有名だし、別の危険がいっぱいです。

詳しくは
「ワクチン 副作用」 で検索!




今回は、断食必須!
何も食べず厚着して番茶や葛湯などの水分だけとって寝ていました。
次の日は昼にみかん一個だけ、汁を飲むようにゆっくり食べた後
自家製梅肉エキスをお湯で少量溶いてちびちび飲みました。そして、
起きられるようになってからは体を動かして仕事していたら、すっかり治りました!
溜まってた体のお便り(何度もスミマセン)もしっかり出てスッキリ!

きっとウイルスや他のいらんもんも出てってくれたんだわ~~♪
デトックスしてくれてありがとう!




なにはともあれ断食が一番効果大!
医療ジャーナリストの、船瀬俊介さんの本は結構詳しいです。

3日食べなきゃ、7割治る!3日食べなきゃ、7割治る!
(2013/12/18)
船瀬 俊介

商品詳細を見る


あと、
断食といえば、甲田療法ですよね。

奇跡が起こる半日断食―朝食抜きで、高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治っている! (ビタミン文庫)奇跡が起こる半日断食―朝食抜きで、高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治っている! (ビタミン文庫)
(2001/12)
甲田 光雄

商品詳細を見る



船瀬俊介さんの本、何でもいいから読んでもらうと
今の医療ビジネスがどれだけひどいかわかると思います。
石油からつくられた薬なんて、身体に良い訳ないじゃない。なのに
ちょっとした事でもみんな薬に頼りたがるんだよなぁ~・・・。
身体はもっと自然に治癒する力があるんだから
それを促してあげるのが一番なのになぁ。。。

この本もオススメです↓
人間は、治るようにできている (長生きしたければ、薬を飲むな)人間は、治るようにできている (長生きしたければ、薬を飲むな)
(2013/12/14)
福田 稔

商品詳細を見る


1/4わつか市出展しました

あけましておめでとうございます!


今年も、年始最初の出展は、四天王寺わつか市からです。


今回は、りっちーの缶バッグに変化が!

缶バッグは、もともと多肉植物等を植え付ける為に
裏面下に水はけの穴を空けているのですが、

毎回のごとく、「穴空いてないのは無いんですか?」
と聞かれるのです。
買われるみなさんも、小物入れにしたり、
水を入れてお花を挿したいとか、いろいろ用途があるみたいで。

なので、今回は穴なしバージョンを大量に作っていきました!
缶バッグの持ち手部分に「穴なし」とシールをつけています。
穴なし缶バッグ
そして、今回この「穴なし」めちゃ売れました!!良かった~!
ありがとうございます。




となりの出展者さんと情報交換するまはっぷさん。フムフム・・・
なんと、うちの家から自転車圏内にお住まいだとか。
CIMG6240.jpg



今年も獅子舞いさん達が来てくれました。わーい!ご利益ありそう♪
CIMG6233.jpg



今回は、着いてセッティングしようとしたら
まはっぷさんの什器を忘れてしまってる事に気づいて、そこから
取りに帰って、組み立て終わったのが10時半という・・・(9時OPENです)
いきなりありゃりゃな失態がありましたが、
お客様が来はじめたのも丁度そのくらいだったので救われました~。
取りに帰れる距離で良かったわぁ。


今回も、
お客様、わつか市実行委員の皆様、まはっぷさん
ありがとうございました~。