スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良き年をお迎えください

早いもので、後1週間あまりで今年も終わりですね。
今年は、個人的に予想外な展開(妊婦)になって、後半殆ど制作活動せず
ブログの更新も少なくなってしまいました。


でも食養や自然療法等に関しては変わらず、ほぼ毎日
情報収集&実践していました。3年目で更に身体が強くなった気がします。

昨年振り返ってまとめ記事↓にもしっかり書いていますが
去年の最後のご挨拶

良いものを食べる効果は3割、食べない効果は7割

これは食事療法にも色々な食べ方があるけれど、基本中の基本なんだなぁ~
と、やっぱり思います。
○○を食べろとか、どうやって食べろとか色々意見はあるかもしれないけど
それ以前に、みんな食べているものがどれだけ毒されているのか知っていたら、むやみに安い簡単な食事はできないはず。

食事で身体に毒を入れてから、そらダイエットしたいとか疲れをとりたいだとか
そのために運動したりサプリや薬を飲んだり(何かを追加する事で解決しようと)しても・・・効果薄いに決まってるやん!
何でモト(身体を作る食べ物、身体に摂り込む物)を正さないのかなぁ~?
日々積み重ねた毒食事の代償に、その倍以上もお金や時間を犠牲にし、且つ完全に治らずダラダラお医者さんを儲けさせるだけなのに。。。


乳がん検診だって、いま早期発見って言ってすごく流行ってるけど、
あのマンモグラフィー(左右の乳房にX線を計4回当てる)って、健康診断で行う
胸部レントゲンの1000倍の放射線を当てるんだよ。
一回やったら、発がん率が1%もあがるんだよ。
それを毎年律儀にやってたら、早期発見というより発がん促進してるだけやん!


今の母子手帳には、乳業メーカーの宣伝とミルク推進の代わりに
歯医者の宣伝とフッ素推進とすさまじい数のワクチン接種カレンダーが付いている。

フッ素って、もともと家畜をおとなしくさせる為に飲ませたもので
それをナチス収容所で囚人に使っていたんだよ。
それにフッ素は猛毒で産業廃棄物で捨てるのに困るようなシロモノなのに
アメリカでは(政府と企業の癒着で)歯に良いとうそぶいて水道水に入れたりして・・・
(今では効果が無い事が徐々にわかってきてるのに、日本では推進してる。
最近虫歯が減ってきている統計もあるが長期に渡って調べるとフッ素のおかげではない。)

・・・どれだけ被害があったと思ってるん!?

ワクチンだって、水銀とか要らない毒がてんこ盛りに入ってるのに・・・


今年は身近な人が、癌の施術の後、お医者さんに勧められるがままに
「転移しないように念のため抗がん剤治療するの」
と言って、抗がん剤をうちはじめてから数か月で亡くなった。

抗がん剤は効かないのがもはや常識なのに!
今でも日本では三大治療(手術で切り取る、放射線を当てる、抗がん剤)ばかり。
本当に身体を治すのは自分の治癒力だけなんだよ。それなのに
手術して免疫力が下がってるような時に、全細胞を破壊させるような毒を摂ったら
良い細胞も死んでダメージが深くなってさらに免疫力を下げる、病気を引き起こすことくらい、考えたらわかるやん!


だいたい、お医者さんの教科書を作ってるのが製薬会社だったりするし、
お金を出させるような治療をしないと医者は儲からないし。

お金大好き経済優先のメディアや企業やお医者さんの言う通りに
ポーッと流されてたら、命がいくつあっても足りないわ。
自分でしっかり調べなきゃ!



・・・と、ちょっと怒り気味になってしまいましたが。

人間も自然の一部だから、不自然な(化学的な)ものは分解しづらいし
身体に摂り込むと毒になる事が多いんだよー。
だから、できるだけ自然にあるものを食べたり自然のもので手当てして
自分を強くする(免疫力を高める)事が大事なんだよー!

と、言いたかったのでした。


最後に、
最古の医者であり「西洋医学の父」と呼ばれるヒポクラテスの格言をひとつ。

汝の食事を薬とし、汝の薬を食事とせよ


今年もありがとうございました。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。