畑はじめます

あわわ。。。3月も終わりに近づいてきました。

さて、今月の話題は
手作り市…ではなく、畑、でした〜〜。
(ドングリ舎の活動もしたいんだけどーー(^^;;))



今年からオルターのクラインガルテンの畑を3区画借りる事になりました。
農家さんのお手伝いは数年前からチョビッとやってましたが、
やっとマイ畑で作業する時が来ました〜〜ウレシイ!

20170325221231b22.jpg

もちろん、普通の貸し農園みたいに、農薬や化学肥料使い放題の畑じゃないので
土の微生物の力を最大限に活かした自然農法を目指しています。

そして種も、現在主流の、いかに効率よく沢山売るために作れるか重視したような、一代限りの不自然なF1のような種じゃなくて、できた実からまた種を蒔いて育てていきたい。
その土地で何代も種取りして育てると、その土地に最適の強い野菜になるから。
そんな生命力の強い作物を食べるって事は、そのエネルギーを身体に取り込むって事。何を口にするかで、身体の奥深く見えない部分も変わるはず。

今は、目に見えないものは無いも同じで、見た目ばっかり重視されがちだけど、
これからは、微生物とか波動とか氣とか、そんな目に見えないもの達の力は強大で無視できないようになるんじゃない?



ちょうど、和歌山の「山の上の古民家カフェkusati」さんで
自分達で種取りした種などの交換会があったので、参加してきました。

20170325221233655.jpg


このkusatiさんのブログ素敵なんです。自然な暮らしや種への熱意が伝わってきます。優しく落ち着いて凛とした雰囲気。憧れます。
やっぱり文章読むとお人柄がわかりますね。
ルネの根っこ、種まき日記


ちびっこも入れると30人くらい集まって、お昼御飯は皆の一品持ち寄りパーティーでした。
初参加なのに、何だかずっと昔から知ってるみたいに心が和んで、たわいも無いお喋りでもウキウキ、ニコニコしっぱなし。本当に楽しかった!

20170325221228c14.jpg



あぁー、古民家に住みたいなぁ〜〜。
この冬はとうとうコタツすら殆ど付けずに過ごしちゃったくらい、身体はしっかり鍛えられているので、隙間風なんぞ全く平気です。
(だってうちの猫達、真冬でも雪でもベランダに出たがって「窓開けろ〜!」って催促するんだもの。二階の窓は常に10㎝開いてる状態なのですよ)

畑付き古民家、どなたかお試しに貸していただけませんか〜〜?


スポンサーサイト