自然育児に心強い情報源

妊娠中に読んでいて良かった〜と思った本の1つ

「小児科医が教える親子にやさしい自然育児」の訳者でもあり、自然育児で3姉妹子育て中のお母さんでもある望月索さん。


私がよく利用させてもらっている自然食のお店の情報誌に
ずっと連載されていた高齢出産のお話も興味深くて、
ネットからバックナンバーを読んでいたのですが、そこから彼女のブログ、そして無料メルマガがあるのを知って読者になっています。



子育て中で、1番厄介なのが(私の場合ですけど)様々な指導?です。

医者要らずの生活を目指しているのに、子どもが生まれたとたん、いや、妊娠中からか
医者の怒涛の検診を受け続け、少しでも何か引っかかると精密検査…
体重・身長の伸び率や離乳食がどうのこうの。もぉ〜管理されまくりで、注意される(それも凄い自信満々に高圧的な指図で)度に
人を育てているっていうより、同一規格になるためのロボットを育てている気分になるのです。


歯だって4ヶ月で生えてる子もいれば1歳でやっと生え出した子だっているのに、離乳食の時期が全員同じで、進め方も同じって変だと思うし、ワクチンの事も書けばきりが無い。
国家資格を持つ人の教科書にはそう書いてあるのかもしれないけれど、教科書なんてその時代の権力者でも変わるし、国でも変わるし、正誤判定できないものだってあるはずなのに。
資格者(指導者)って習った事こそ唯一正しいと教え込まれてきたから、きっちりマニュアル通りにさせたいと思っているのだろうけど。


そんなお上の指導に違和感のある私なので、私と同じ
不規則な生活とジャンクな食事から子宮筋腫になり、ナチュラルな生活で筋腫を消滅させ高齢出産で自然育児をしている望月さんのお話は共感できるものばかり。
メルマガでは、ブログでも書けないお上への大人の対処の仕方などもあって、ほっほぉ〜と唸る事多し、なのです。
翻訳など文章を整理して書くお仕事をされているだけあって、自然療法や食養の事も常に情報を仕入れていらっしゃるようですが、膨大な知識を自分の中に一旦落とし込んでからカスタマイズして生活に生かされておられるのがとても参考になります。
もし高齢出産や自然育児に興味がおありなら、是非読んでみてください♡



スポンサーサイト