スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必勝法は砂糖抜き!

和菓子講師の私が言うのもナンですが、
受験生とか、精いっぱいの力を出さないといけない状況の人には
すっごく大事な事だから、知ってもらえたらいいなぁー。。。


砂糖は細胞をゆるめます

お菓子作りで、卵をしっかりツノがたつように泡立てたい時、
最初に砂糖を全部入れてから泡立てようとしても
いくら頑張ってもゆるいまま。泡立たなくなってしまうんです。

だから、全卵を温めながら泡立てる時、
砂糖を少量入れてからはじめると、卵(たんぱく質)が適度にゆるんで
熱で固まらず泡立てられるという技にもなるんですけどね。


そして、砂糖は絶縁体 だということ。

砂糖水には電気が流れません。

人(生き物)が、行動したり考えたりするのは
脳から細胞に微弱な電気信号で指令を送っているんです。
人間には電気が流れているんですよ。

つまり、砂糖が体に入ると、
すぐに血中に入って酸化し 瘀血になるばかりでなく
頭の回転や身体の機敏さにも支障をきたす 
ってことなんです。


せっかく覚えたことも、いざテストになると思い出せなかったり
ケアレスミスばかりしたり。。。
どんくさいのは性格だからしょうがないと思っていたけど

・・・嗚呼!
ガムや飴舐めながら、甘~いミルクコーヒーと菓子パンを夜食にしながら
受験勉強していた昔の私に教えてあげたい(涙)

テストの時に限って風邪ばかりひいていたのも、あんなに砂糖を摂って
免疫力が落ちていたからなんだろうなぁー。。。今ならよくわかる。

今の私なら、
お腹が空いたら、玄米ごま塩おにぎりか海苔巻き。
気分転換なら、無添加昆布をかじるくらいにしておきます。



脳の栄養に糖分が良いというけど、
糖分は主食(米や小麦)でしっかり取っているから
過剰すぎるんですよ!!
塩は生命に欠かせないけど、砂糖は無くても死にません。
・・・そんな事、砂糖業界の強い力があるから絶対教えてくれない。

きっとCMとかで、チョコとかスナック菓子とか
受験生向けに流れてるんだろうなぁー・・・
(うちはテレビ無いので知りません)


甘味は嗜好品。ハレの日の特別な食べ物です。
だから、精いっぱい頑張った後に、
ほっと身体を緩めてくれる甘味を、幸せを噛みしめて食べよう!

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。