スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もありがとうございました

ほんっとに一年早かったです。
年齢を重ねる程早く感じるっていうけど、これもし
100歳くらいになったら、どうなっちゃうんだろうか。。。


今年のりっちーは、
ゆるベジ(タリアン)からはじめた食事改革も2年目でコツがわかり
疾患(子宮筋腫)や長年の不定愁訴のある私は、ゆるベジだけではあまり変化がなくて

完全玄米穀物菜食+砂糖と果物を避ける食事にして
(排毒効果の高い玄米を食べること+体に負担な肉をやめ、害ばかりの砂糖、
品種改良して糖度の高くなった果物は砂糖と似たようなものなので避け、
その分は野菜、雑穀、豆や植物性発酵食品で補う食事)

きっちりやったのは半年も無かったけれど、

面白いくらい好転反応(排毒=デトックス)が起きて、
何十年も溜まった毒でガタガタだった身体の立て直しが、本格的に始まった年でした。
(今はたまにパンや麺にしたり外食もするけど、基本は和食の粗食です)

変化の道のりは私のブログ「ルンルンキルン♪」の方に綴りつつあります。




良いものを食べる効果は3割、食べない効果は7割

と言われているのはナルホド、よく当たっていて、
不健康は不足の栄養素のせいだと思って、
何かを食べて補おうと考えがちだけれど、実は、今食べているもの
(化学調味料や添加物や薬品や砂糖や悪い油や身体にとって不要なもの)を
やめないことには、なかなか改善しないです。

それと、「食べない」というのは、単にいらないものを食べない事だけでなく
内臓を休める時間(=断食)をつくることも含んでいます。



・・・そりゃそうだよね、
電車も「降りる(出る)人から」だし、呼吸も呼=(吐く)から先だし、
掃除の基本は出してからが当たり前だもんね。

いらんもんばっかり入ってくるのに、ちょっといいもん貰っても
内臓さんはアタフタ・・・働き続けてヘトヘトだよね。

「あれを飲んだらいい」「これを食べたらいい」とか情報がいっぱいだけど、
確かにその食材にその効果はあるんだけど、
基本がジャンクな食事をしつづけている限り、あまり変化ないはず。



今の私は、かなりデトックスできて、自然治癒力が高くなって
不調があっても、回復力の早いこと早いこと!
それに野菜(植物)のすごい力で我が家は本当に薬要らずです。

真夏はクーラー無しでも過ごせるし、
真冬でもコタツだけで過ごせる我が家、・・・というか我が肉体。
どんどん強靭になっていきそう(笑)
でも、昔の日本人って、これが普通だったんだよね。。。


1分で30憶の細胞が新しくなる肉体。
一番変わらないといわれる骨も、10年たつと全部入れ替わるそうです。
たった1~2年で、これだけ強い身体になってくれましたが、
10年経った時の変化が楽しみです。


今年も、いろいろありがとうございました。
来年も精進しつづけます。
皆様も、よいお年をお迎えくださいませ。



★おしらせ★
ドングリ舎、出展第一弾は、1月4日(日)四天王寺わつか市です。
よろしくお願い致します


関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。