スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽健法からも学ぶ

最近読んだ楽健法の本
ふたりヨーガ楽健法ふたりヨーガ楽健法
(1989/01)
山内 幸子

商品詳細を見る

に、思いがけず食養の事がたくさん書いてあって、
摂取する事より排出が大事なコトや
身土不二(自分の身の周りで自然な環境で摂れた物を食べるコト)や
陰陽と旬のコトなど。
やっぱり健康を求めると食の大切さに行きつくんだなぁ~と思いました。


その中から「仏教と健康」というところをシェアさせてもらいます。


 インドの無抵抗主義で知られているマハトマ・ガンジーもいっているように、人は喰うために生まれてきたものでもなければ、食べるためにいきているわけでもないのです。神仏を知り、大宇宙に仕え、私たちを創られたものに近づくことがほんとうの使命であるのです。
結局、私たちはそれぞれちがった道を歩み、異なった時間を費やしても、みんなゆこうとしているところは同じなのです。肉体はそのために存在しているのだし、その肉体を維持するために食べているのです。
また今日、添加物や農薬を多量に含んだ手軽な食品を摂って、健康をそこね、からだを汚したまま不自然な死に方で大地にかえってゆく人がふえていますが、これは私たちに美しい肉体と清浄な精神を与えわけてくれた大自然への冒涜とはいえないでしょうか。
(中略)
便利というだけで、不自然な食べものを摂っているのが現代人です。たとえ、初めは見えなくとも長い間にはからだは変調し、やがて精神まで腐敗をみせます。人間は神秘的であるほどに美しく見えるものであり、静かに生きる人ほど遠くまでゆけるものなのですが、今日のようにまちがった食事をしていては、決してそうはなれそうもありません。むしろ、卑俗な現象に左右されてしまうのかもしれません。つまり、正しい食事法は健康維持に役立つばかりか、その人の生き方の問題にまでかかわってくるといっていいでしょう。


 油断大敵
かつて、僧侶の食事というものは一汁一菜の簡素なものでした。それでも日に20~30キロも托鉢に歩きまわり、きびしい修行に耐えるだけの体力を維持することができたのです。その秘訣は汁の椀の中に2、3滴の胡麻油をたらしただけです。これが潤滑油となってからだをしなやかにしていました。反対にきらすと油ぎれの機械のようにからだがギクシャクとして弱ったというわけです。油断大敵という言葉はここに端を発しています。食べ方、食べものの質を考慮すると、このように小食でも十分です。



欲を満たす事が生きがいみたいに過ごしていたら、いつの間にか
食べ物やお金の奴隷になっちゃってる・・・ってことになりかねないですね。


今は質より安さで、みかけが良くて舌先が美味しければ良い
イミテーションフードばかりで、少量でもエネルギーがいっぱい詰まった
本物の食べ物を食べている人なんて少ないですもんね。

食べても食べても満足しなくてお腹が空いたように感じるのは、
食べた食材に身体が欲する栄養が無いということもあるようですよ。

美容や健康の為だけじゃなく、人間としての生き方にも関る「食」
毎日の積み重ねで、何日後、何か月後、何年後が変わってしまう。
だから、本当に大切な事なんですよね。


そして、「観自在」というところから

仏教での悟りとは、観自在になること、すなわちいろいろな角度から物事が見えるようになることですが、健康管理もまた、そのようにあるべきです。
食品添加物や農薬の多い有害食品をさけて生活するというのは当然の知識ですが、動物性たんぱく質を敵視したり、玄米を食べることのみが唯一の豊かな生活であるように思い込んではだめで、人間の営みは何を食べるかという部分だけを求めるものではないはずです。
ここにあげた食生活の改善や瞑想や体操は、人間として何をやり、どう生きるかという問題意識をもち、さまざまの試みをするキッカケにほかならないのです。
(中略)
健康法そのものが人生の目的であるように錯覚してはなりません。
どんなに素晴らしい食生活にめぐりあって病気が治っても、人間は詩や絵画や音楽の深い楽しみを知り、そこで詩神と出会うのでなければ、真の人間を知り、この世に生を受けたほんとうのよろこびを知ることはできません。



・・・そう。
思い込んだら一直線!で、何もかもガチガチにしてしまいそうになるけど
ふんわり何もかも包むような気持ちで、その時のベターな選択をすれば良いと思う。
そして、ちょいちょいハメを外す(しすぎて失敗する)のですが(笑)




「楽健法」は足を使ったマッサージのようなものです。
手作り市でよくご一緒するモーリーさんが施術されています。
今度のふじいでら手作り市でも出展されますので、気になった方は
ぜひ来てみてくださいね!


「葛井寺・辛國神社手作り市」

大阪府藤井寺市(近鉄南大阪線「藤井寺」駅すぐ)
3月15日(日)10:00~15:00


関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。