スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命力たっぷりおやつ

5年程前から公民館で普通の和菓子講座をしているのですが、
食養に目覚めてからは、身体に良いものを作りたくて、
昨年からは普通のお菓子とは別に
親子で楽しむおやつ作りの講座として提案させてもらっています。


今回はこっそりテーマがあって、お題には書かなかったけど

「お米を食べよう!featuring甘酒」

・・・フィーチャリング甘酒(笑)


20150329親子講座1
ミニ玄米五平餅(目を離した隙にコゲちゃった)と、甘酒プリンといちご甘酒。

名誉の為に載せておきますが、五平餅はこういう感じになります↓
ごへいもち
「すぐに焦げるから気を付けて~」と私が言いつつ、私のだけ焦げてしまったのでした。。。




今回はおやつを食べ過ぎて夜ご飯が食べられなくなっても、ノープロブレム!
全てお米だからね~。


そして今回は甘酒が大活躍で、全てに入っています。

卵もゼラチンも使わずフルフルのプリンにさせるには、
寒天液を薄める(加減がちょっと難しい)か、寒天+葛粉を使う事が
多いのですが、甘酒を入れると葛粉無しで簡単にフルフルになってくれます。
(アガーというのがあるけれど、あれは食品添加物(増粘多糖類)です)

五平餅の胡桃味噌の、みりんの代わりにも使用しています。

甘酒は昔の栄養ドリンク。
「年中甘酒!」の記事でも書きましたが、夏バテ防止にも飲まれていたし
私が砂糖中毒から脱出するのに欠かせなかった食べ物です。

そのまま飲むのはクセがあって飲みづらいかなぁ~?という場合は
酸味のある果物とセットにすると、飲みやすくなります。
今回は苺とレモン汁を入れて、春らしい爽やか甘酒にしてみました。

20150329親子講座2

身体は食物の消化吸収や普段の生命活動で常に老廃物や酸を作っています。
この老廃物や酸を中和するにはアルカリ性ミネラルが必要で、
アルカリ性ミネラル食で酸化を防ぐことが大事なの。
アンチエイジング界では常識の「抗酸化」ってやつですね!


食べ物には
消化後に酸を残す「酸性食品」と
アルカリを残す「アルカリ性食品」
があって、
酸性食品は体からアルカリ性ミネラルを奪い血液を酸化させ、細胞に十分な栄養を供給できず、細菌に侵されやすい抵抗力のない体にします。


「酸性食品」の代表は
砂糖、油脂、肉類、乳製品、化学合成物質、過剰精製食品・・・

粉も高速で極微細に製粉した段階でかなり酸化しているから注意です。
(本当はその都度要る分だけを石臼で粉にできたら一番いいんだけどなぁ~)

よく考えてみたら一般のお菓子の材料って
洋菓子なら、小麦粉(薄力粉、強力粉など)・卵・乳製品
和菓子は製粉方法はマイルドなのもあるけど、米粉(上新粉、上用粉、かるかん粉など)や餅粉(白玉粉、真挽粉、寒梅粉なども)やその他の、きれいに精白された粉類
に、砂糖たっぷりという、
酸・酸・酸性オンパレードの食品なんですよね。


だーかーらー、
お菓子を食事代わりにしちゃダメ!なんです。

・・・そう、
お菓子作りに没頭してお菓子だけ食べて過ごしていた過去の私!
友達とランチ代わりにケーキバイキング三昧していた学生時代の私!!
も~~バカっバカっバカあっっ!!!




いつまでも若々しく健康でいたいなら、「アルカリ性食品」を食べよう!
野菜はもちろん、生命力がたっぷり詰まった
ミネラルの多い全粒穀物や本醸造の醤油・味噌、植物性発酵食品や海藻


今回のおやつは全てアルカリ性食品なのです♪

何の心配もなく、堂々と食べられるスイーツって素敵☆


関連記事
スポンサーサイト

Comments

どこー?

近くの公民館かな?
参加してみたい!!
12日、詳しく教えてくださいね!!

唐人屋さま

う~ん・・・かなり遠いよー
何でそんな所で!?みたいな場所です(笑)

12日楽しみです。よろしくお願いいたします。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。