スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋久島でトレッキングしてきました(2)

トレッキング後の夜ごはんは宿(ロッジ)にて。

肉も魚もあり、品数もいっぱいあって、いつもは
玄米と野菜・海藻・豆・雑穀(たまに魚介も)の一汁二~三菜が基本のうちでは、久しぶりに豪華な晩餐です。

とにかくご飯が美味しくて美味しくて、
きっと屋久島の天然水で栽培して料理しているからだろうな。
どこの水でも飲める
(どこからでも湧き出ている美味しい水。素晴らしい!)


普段でも長時間歩きまくった後って、
成長期の中学生に戻ったみたいにガツガツ食べてしまうんだけど、
なんと今回、ご飯3杯も食べてしまった。。。
(しかも最後は大盛りで)

やばいやばい。白米ってパンと同じでなんかすぅ~っと食べちゃうのよねー。
すぐハメを外しすぎるから気を付けなくっちゃ




・・・そして次の日。


4時すぎにガイドさんが迎えに来てくださいました。
登山口まで遠いのと22キロの道程を一日かけて歩くので、早朝発なのです。

旅行等で環境が変わると、デリケートな私の腸さんはすぐ恐縮しちゃって
便秘ぎみになってしまいます。
そんな時は断食が効果的なんだけど、昨晩バッカみたいに食べてしまって。。。

今朝は早いので、お弁当屋さんのお弁当(朝と昼の)2つ持って出発しました。



登山口に到着してから、お弁当の一つを出して朝ごはんです。
コンビニのおにぎり弁当みたいな、おにぎり3つに小さいウインナーと揚げ物と黄色のたくわんがちょろりと入ったもの。

よく噛んで飲み込んでも、舌に残るような添加物の後味。。。
身体は受け付けてないけど、あるから食べなくちゃって感じで(しかも私、残すのが嫌いなので何でも全部食べるんです)食べきりました。
昨日の昼ごはんで食べた時はどうって事無かったのは、ちゃんと空腹で身体が受け入れ体制だったからでしょうね。
こういう時、身体は負担になってるんだろうなぁ~・・・と思います。


せめて、ちょっとでも消化が良くなるように、家から持ってきた梅干しを添えました。
CIMG7137.jpgどんな時も梅干しは欠かさない

生きている発酵菌の力も借りようと、持参の麦味噌も舐めたりして。
私の腸、ガンバレ!



余談ですが、
アウトドアの時は、ファーストエイド(救急グッズ)に必ず入れているのがこれ。
CIMG6672.jpg
枇杷の葉(種でもよい)の焼酎漬け「びわエキス」です。

切り傷、腫れ、痛み、痒み、等々オールマイティに使える最強エキス。
昨日のナチュラル・オーガニックなガイドさんにもこれを見せたら絶賛でした!
彼も「一番使える」と言っていました。(話が合って嬉しい♪)



そして今日のガイドさん。
朝ご飯食べないそうで、私達が食べている間ストレッチされていました。

今から昼ごはんまで11キロくらい歩くのに、朝ごはん食べないなんて!?
一般常識からしたら、絶対ダメって言われそうだけど、
毎日こんなにハードに歩いているのに、もうずっと昔から朝ごはん食べていないそうです。(行動食も食べておられませんでした。)

あぁー・・・やっぱり。登山前だからって無理して食べなくてもいいんだ。。。
もっと身体の声に耳を傾けないとね。

行動食だって、シャリバテするから絶対必要です!って登山の本にはよく書いてあるけれど、
糖質制限している人は行動食を食べない人が多いし、
エネルギー源が
「ブドウ糖→グリコーゲン」の一般人に対して、
「脂肪酸→ケトン体」として
筋肉のグリコーゲンだけじゃなく、脂肪を効率よく使えるようになって、
持久力が付くようになり、体質が変わるようです。


昔の人達の、すごい力(重いものを持ったり、長時間歩いたり)は
一日二食(田植え等の繁忙期は間食があったそうですが)の粗食の賜物。

屋久島の木が何百年何千年も長生きなのも、
岩の島で土が無いところに、がんばって根を張って、少しの栄養だけで(少食で)育っているから、あんなに立派で長寿なんですよね。

あぁ~、やっぱり小食が良いんですよー。
すぐハメを外す私へのメッセージのような旅でした。

まはっぷと杉
鹿ちゃん




関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。