スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンプル生活

風邪ひいてしまいました。

9か月の赤子が鼻水とせき。
それからあっという間に感染って一週間。

風邪の時は「食うな・動くな・寝てろ」が基本だけど、子どもがいるとそうもいかず
(大人だけでなく、赤子も全然じっとしてないからぶり返してばかり・・・)
昔は寝てるだけで一日で治ってた簡単な風邪でさえ、育児中という環境には過酷なんですね〜。


今日はそんな状況ですが、1か月以上前に読んでいて
ずっとどうしても紹介したかった本があるので
今月のブログとしてアップします。


久しぶりに心躍る本との出会いでした。
一言でいうと、
「私の理想の生活そのまま実践している人が、この世の中にいる!」
って事。
感嘆し、大きく頷き、勇気づけられ、尊敬し、一気に読み終わりました。

天然のワサビが自生する程綺麗な川の流れる山の中で、ボロボロの古民家を自分達の手で少しづつ改修しながら住み、自然分娩で子どもを産み育て、自然農法の畑と田んぼ、自作のかまどに薪で炊いたごはんとお風呂。
畳職人の旦那さんの昔ながらの方法と材料で作った畳や、大好きな太鼓の演奏やワークショップが主な収入源。お金の為に働くんじゃなく、生きる糧としての仕事と収入。奥さんの穀物菜食の食事とお菓子作り、考え方もとても共感できました。

私も食生活を改めて意識が変わるのを体感しましたが、そこからなるべくケミカルなものを避ける生活をしていて、石鹸もほぼ使わない湯シャンやアクリルたわしで食器洗いなどやっているうちに、自然に近いと本当に要るものってすごく少なくて、シンプルが心地いいんですよね。
本物を求める感じ。衣食住、この著者さんの生活が究極の理想だけれど、ここまでいったら自然と一体化する感覚、きっと死期も悟ったりできるようになるんだろうと思うな。


畳職人とはいえ、何でも修理したり、かまどや土壁や板張りの部屋作りに夫婦だけのお産や自然農法の畑作り等、旦那さんの器用さが凄いので夫婦2人でボチボチ家を作っていけるのだとは思うのだけど、
昔の人がやっていた事だから、できない事ないんだよね、きっと。
それに、同じ様な意識を持った人達が集まったら、力を貸しあえてもっと楽にできるはず。
そんな集落があったら私も移住したい!

そういや、前読んだ本

も、同じ愛知県豊田市だったなぁ。

共通するのは、若者が半農半Xでイキイキ生活しているところ。
子どもも近所のおばあちゃん達がみてくれたりして子育てしやすいところ。
おじいおばあ達が程よく知恵を貸してくれたり、若者も力や手をかける事でお金を介さず還元できている事。


これからの世の中は、絶対これだよね‼︎
1%の支配者は99%の庶民を、お金の奴隷、従順な羊でいさせ続ける為に、欲をかきたてるような事とか世の中の暗いニュースしか流布させないかもしれないけど、もう水面下では囚われないでこんなにイキイキ生活している人達がいる!
嬉しくって凄く紹介したかったのでした。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。